ベジママで妊娠した人はどのような妊活をがんばっていたのか?

「ハグクミの恵みを飲んだら3か月後に妊娠したよ!」「kodakaraを飲み始めたら冷え性や生理不順が改善されて妊娠することができて嬉しい!」など、妊活サプリを飲み始めたら妊娠したという口コミをよく見かけますが、

なかには「妊活サプリを飲んでも妊娠できない」「長年妊活に取り組んでいるけど、結果が出ない」といったパパさんやママさんもたくさんいます。

そんな悩めるパパさんやママさんにオススメしたいのが海外で話題となっている妊娠するための栄養補給成分「ピニトール」が配合された関西鉄工株式会社が作った「ベジママ」です。

ベジママは、

・いろいろ試してみたけど残念な結果が続いている方
・多嚢胞性卵巣症が原因で不妊と診断された方
・卵巣過剰刺激症候群の予防や改善したい方

など、妊娠に関することでお悩みのパパさんやママさんにオススメの妊活サプリとなっており、日本で唯一「ピニトール」が配合されていることで知られています。

ただ、このベジママについて「本当に妊娠した」というママさんと「長期間飲んでも妊娠することができなかった」というママさんに分かれており、これから妊活を始めようというパパさんやママさんたちを困らせています。

そこで、今回はベジママで妊娠した人はどんな妊活をしていたのかをご紹介します。

 

妊活は女性だけではなく、男性の協力も必要不可欠!

よくテレビや雑誌などで特集されている「妊活」ですが、その多くが女性をターゲットにした商品ばかりが紹介されているため、男性の多くが「妊活=女性」という印象を持っています。

そのため、妊活に取り組むのは女性だけで良いと考えている男性も多く、真剣に妊活に取り組んでくれない旦那さんも意外と大勢います。
妊活に取り組む際は、男性もED予防や生死の活性化、染色体異常の精子を減少させる、妊娠しやすいSEXを考える必要があります。
女性だけに任せるのではなく、夫婦で協力して取り組むのが妊活ということを頭に入れておきましょう。

 

流産予防も同時に行うこと!

20代前半の女性の自然妊娠率は43%ほどですが、30代になると20代前半の時と比べて20%まで低下し、さらに35歳を超えると14.5%、40歳には5%と徐々に自然妊娠率が低下してゆきます。

そのため、30歳を過ぎて結婚した場合、赤ちゃんを授かりたいと思ってもなかなか妊娠することができません。
なぜ、30歳を過ぎると自然妊娠率が低下してしまうのでしょうか。
それは卵子と精子も年を重ねるごとに老化してしまうからです。

卵子と精子が老化してしまうと受精する確率が下がってしまい、たとえ受精できたとしても子宮に定着するための子宮内膜が薄すぎて流産してしまうといった可能性があります。
卵子や精子の老化を防ぎ、子宮内膜が薄くなるのを防いで流産を予防するためには、ルイボスや葉酸が配合されている妊活サプリを飲むのがオススメです。

30歳を超えて妊娠したという女性芸能人も多いですが、彼女たちは卵子や精子の老化を防ぐために妊活サプリを利用したり、生活習慣や食生活などにも気を遣っているのです。

 

ベジママに不足している栄養素をしっかり補うこと!

実はベジママには妊娠するために必要な栄養素「鉄分」や「カルシウム」が配合されていません。

そのため、ベジママだけでは妊活中に必要な栄養素を丸ごと摂取することはできませんので、普段の食事で不足している鉄分やカルシウムを摂取する必要があります。
なぜベジママには妊活に必要な栄養素「鉄分」と「カルシウム」が配合されていないのでしょうか。
ベジママを製造している関西鉄工株式会社さんは2つの栄養素が含まれていなことについて次のように話しています。
鉄分やカルシウムを配合しなかった理由として、1つはコスト面にあります。

まず鉄分を配合する場合、サプリメントに黒色の点が付いてしまう可能性があるため、これを改善するためにコストが掛かってしまうのです。

また、カルシウムを配合してしまうと、どうしても1粒あたりのサイズが大きくなってしまうため、女性によっては飲みにくく感じてしまうことがあります。

それを飲みやすいサイズにまで改善するとさらにコストが掛かってしまう。

ですが、ベジママには自社栽培の『アイスプラント』に含まれる「ピニトール」を日本で唯一配合しているため、必要最低限の成分のみを厳選し、海外で注目を集めている妊娠するための栄養補給成分「ピニトール」の効果だけを重視するために2つの成分を配合しておりません。

ただ、ベジママの原材料となっているアイスプラントにはクエン酸が豊富に含まれていますので、鉄分やカルシウムの吸収率を上げることができます!

ですので、ベジママを摂取されることで普段の食事で摂れる鉄分やカルシウムの吸収率が上がるのではないかと考えています

ベジママは妊活中のパパさんやママさんを応援するためのサプリメントですので、葉酸が必要な妊婦さんにとっては、あまり効果を感じないサプリメントとなっています。

まさにベジママは正真正銘の妊活サプリということですね!

なので、妊活中にベジママを摂取する場合、必ずプリメントに含まれていない栄養素を補うための食事を摂ることがポイントとなります。

 

まとめ

妊娠したいパパさんやママさんを応援する妊活サプリ「ベジママ」を飲んで妊娠した人たちは、

・女性だけではなく、男性も妊活に協力していた
・流産対策も同時に行っていた
・サプリメントに配合されていない栄養素を食事で補っていた

など、妊娠するために様々な努力を行っていました。

これからベジママで妊活を始めようとお考えのパパさんやママさんは、この3つのポイントをしっかり押さえて取り組むようにしましょう!

コメントを残す